忍者ブログ
蒼穹のファフナー文章(ときどき絵)サイト
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

END OF THE WORLD1
数年ぶりに踏んだ帝都の地は、相変わらず人の往来が激しく、もう夜も遅いというのにまだ通りは建物の灯りで明るく照らされ、
まるで夜だということを忘れてしまうかのようだった。
数週間に及ぶ飛行船の旅では、見えるものといえば漆黒の宇宙と僅かに煌めく星座くらいだったので、
突然明るく照らされる視界が白くぼんやり霞むような感覚がする。
しかし行き交う人々は皆、黒いケープを着込んでは頭からすっぽりとフードを被り、
表情はおろか老若男女の区別すら容易にはつきそうもなかった。

首に巻いた大きめのストールで口元を隠すと、総士は繁華街の裏通りへと歩を進める。
約束は明日だったが、任務に遅れるのは組織の命取りになりかねない、
ましてや帝都から遠く離れた地にいた総士には定刻通りに運行されない事で有名な飛行船しか移動手段はなく、
指令を受けてからすぐチケットを手配して帝都へと向かったのだ。
奇跡的に遅延を免れた便によって一日早く帝都入りした総士は、
数年前まで暮らしていた故郷の懐かしい景色を見て回ろうと思い、宿に直行することをしなかった。

ちらりと左手首の時計に目をやると、もうすぐ23時になろうとする所だった。
先日17歳になり、やっと23時以降の外出も法律上許されるようになった総士だったが、生まれつきの童顔のせいか、
先日までいた地でも警察に呼び止められる事が多かった。
だからストールで顔の半分を隠して足早に路地を歩く、もう季節は初夏に近いというのに。

大通りは見知らぬ近代的な建物が並んですっかり変わってしまったと思ったのに、
一歩裏道に入れば、各家の軒先から橙色をした提灯が縦に長く連なる。
濃紺の夜空に橙色がぼうっと滲んでとても綺麗なのは変わらないままなのかと、
総士はストールの下の口元が自然と綻ぶのを抑えられなかった。

そして目の前に迫った角を右に曲がった時、聞こえてきた声と少し先に見えた光景に総士はふと立ち止まる。
慌てて立て看板の陰に隠れると、そっとその先を見た。

何やら話し合っているらしい大柄の青年と、
それに隠れるように青年よりも20cmは小さいであろうと思われる少年らしき人影が見える。
右手には松葉杖を持つその黒髪の少年の声が再度聞こえた時、総士は目を見開いた。

「一…騎」

瞬時に総士の脳裏には7年前の一騎の姿が浮かび上がる。
毎日のようにこの路地裏で遊んでは、四六時中一緒にいたことは忘れる筈もない。
あの頃よりも伸びた黒い髪は顎よりも長く肩につきそうなくらいで、
やはり、変わらず右手に持った杖に総士は顔を少し歪めた。

と、その時、一騎の前に立っていた青年が離れていく。
「また、よろしくね」と小さく一騎は言って、引きずった足を労るかのように門前の階段へと腰を下ろした。
青年に最後に向けた媚びるような笑顔に、総士は言い知れない違和感を覚える。

こんな時間に、何を?

総士だって15の時から仕事に就いていたから、
離れている間に一騎だって何かしらの職業に就いていたとしても何ら不思議はないわけで、
なのに胸がざわつくような感覚がこみ上げて、総士は路地へ出ると早足で一騎の下へと向かった。

「…一騎」

数年ぶりかに呼びかけると、ゆっくりと下を向いていた顔が上がる。
そして見つめられた両目の赤い色に、やっぱり一騎だと総士は再度確認をして、おもむろに顔を覆うストールを外した。
すると、目の前に手が差し出される。

「?」

総士が意味を図りかねていると一騎は虚ろな目のまま口を開いた。

「いくら?」

「…え?」

「どこのホテルがいい?」

「一騎」

「俺を買うんでしょう?」

そう言って一騎はまたあの媚びたような笑みを作った。
しばし呆然としてしまった総士だったが、慌てて「違う」とだけ口にする。

「違うなら、他をあたって」

一騎はそう言うと、ふい、と横を向いてしまった。
見向きもされなかったことに加えて、一騎の仕事が何だったのかが即座に理解出来てしまった総士は、
暫くそのまま立ち尽くしていたが、意を決すると一騎の前にしゃがみ込んだ。

「僕だ、総士だ…覚えてないか?」

総士が呟くと、一騎は面倒臭そうに顔だけこちらへ向けると「さぁ」と一言だけ言った。
そのまま沈黙が流れると、一騎は地面に置いていた松葉杖を右手に持ち直す。
「そこいられると、仕事の邪魔なんだ」と抑揚のない声で総士に告げると、立ち上がろうとした。

「待ってくれ!」

「…何?」

「話を、しないか?」

総士は立ち上がろうとした一騎の肩を掴むと顔を歪める。

「俺、急いでるんだ」

12時まであと1時間もないから、と一騎が肩に置かれた総士の腕に手をかけた時だった。

「払うから」

力を込めようとした一騎の手が止まり、赤い両目が再び総士を見た。

「お金なら…払うから」

総士は必死に言ったが、一騎は力の緩まった隙に立ち上がると総士に背を向けて歩き出した。

「そ…んな」

総士は俯いたまま顔を上げることが出来なかった。
幼なじみに忘れられていたということが深く心に突き刺さる。
自分だけが大切に閉まっていた思い出が音を立てて崩れさっていくような感覚がした。
握りしめた両手の拳に力を込めた時、前方から小さく声が聞こえた。

「何?」

力無く総士が顔を上げると、
もうとっくに姿など見えなくなっているだろうと思っていた一騎が少し先に立ってこちらを見ている。

「いいよ」

そう言って、一騎は笑った。
先ほどまでの媚びるような笑いではなく、記憶の中の、一騎の笑い方だと総士は思った。

拍手[1回]

PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 54 | 53 | 52 | 51 | 50 | 49 | 48 | 47 | 46 | 45 | 44 |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
テトラ
性別:
非公開
自己紹介:
ついった@tetrabbit
pixivテトラ
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny