忍者ブログ
蒼穹のファフナー文章(ときどき絵)サイト
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

END OF THE WORLD10 end
ドアの向こうには黒いフードを頭から被った男が立っていた。
まだ外は微かに明るかったけれど、フードを被ってしまえばもともと顔が隠れるようになっているから、
自分より背が高いということだけくらいしか一騎にはわからない。
「誰?」と言いかけた途端、一騎はその男に抱き締められる。
その瞬間、フードから漏れた長い髪が一騎の頬に触れた。

「総…士?」

おそるおそる一騎が問いかけると、男は一旦一騎を離した。

「…一騎」

フードを外して現れたのは、まぎれもなく総士だった。

「どう…して?お前、無事だったのか?」

「話を、しよう」

「…?」

「お前が聞きたい事を全部、僕はこれから話す」

「もう、あんまりなくなっちゃったけど」

「それでも」

「一つなら、あるよ。すごく、本当にすごく聞きたいこと」

そう言って一騎は思わず下を向いた。聞きたくない現実が待っている可能性の方が大きいような気がした。
何も言わずに奥の部屋を指さす。次の瞬間には二人ともそちらの方向へと歩き出した。でも、無言のままだった。



「総士が悪いわけじゃ、ないから」

一騎は総士の話を遮って言った。
すごく知りたいと思っていた気持ちはまだあったけれど、今更両親の死の真相を聞いたところで
変わるものなど何一つないような気がしたからだ。
戻ってこないのは当たり前だし、あんなに憎いと思っていたアルヴィスも、今はもう無くなってしまった。
一騎の心の大半を占めるのは、そんな昔のことではなかった。

「ねぇ、操は?…操は、どこにいるの?」

そう言って一騎は顔を上げる。この部屋に来て初めて総士と目が合った。両手をぎゅっと握りしめる。
次にどんな言葉を総士が告げようとも、「大丈夫なんだ」と自分に言い聞かせるように。

「大丈夫」

総士は言って、ふわりと表情を緩めた。

「ちゃんと、生きてる」

「ほんと…に?」

「来主操は生きてるよ」

「じゃあ」

一騎は思わず身を乗り出した。

「けど、今は会えない」

「なんで?」

「今は会えないけれど、そう遠くないうちに絶対会えるからって」

「そんな…お前は」

「会ったよ、あの日に。一騎に伝えてくれって、そう言われたんだ」

総士は言い終わると同時に立ち上がると、ドアに向かって歩き始めた。

「じゃあ、僕は行くから」

「行くって、どこに?」

「どこだろう、決めてないけど」

そう言って総士はまた一騎に背を向ける。

「じゃあ、ここにいればいいだろ!」

「でも…」

「置いてかないでよ、俺を。もう一人は嫌だよ!」

ぼろぼろと大粒の涙をこぼしながら、一騎は思いきり叫んだ。
そのまま立ち上がると、杖も使わずに歩き出す。勿論右足にはうまく力が入らなくて、バランスが崩れる。

「危ないっ」

総士の声が聞こえたかと思うと、一騎はしっかりと総士の腕に抱きとめられていた。
一騎は思わず総士の身体に腕を回すと、顔をぎゅっと押し当てる。

「苦しいんじゃ、ないのか?」

僕と一緒にいたら、と戸惑うように総士が呟いた。
総士の胸に顔を埋めたまま、一騎はふるふると首を横に振る。
ちがう、と言いたかったのに、口からは嗚咽しか漏れず、また涙がぼろぼろとこぼれる。

「本当に?」

その声に答えるように一騎は総士に回した腕に更に力を込める。
すると、頬に総士の柔らかい髪の感触がして、頭にそっと、左手が添えられた。

「僕もずっと、一緒にいたいと…思ってたんだ」

でもずっと言えなかった、ごめん、と付け加えた総士の声が震えている。

「ずっといればいいよ、ここに」

一騎はそっと呟いた。
総士以上に震えている自分の声がなんだかひどく可笑しくて少しだけ笑った。

拍手[1回]

PR
END OF THE WORLD9
「でもさ、こんなのがいいなんて、言ったことないよ」

一騎は溢れそうになる涙をこらえて顔を上げた。
いつのまにか部屋の中には深く西日が差し込んでいる。もう夕方だった。
一騎はぼんやりする頭でカレンダーを見つめる、あれからたぶんもう三日以上は経っているのだろう。
テレビもラジオもつけていないから正確な日付などわからないが、
気味悪いほどにオレンジ色に染まるこの部屋の壁を、もう三回くらいは見たような気がするからだ。
街はとても静かだった、たぶん、三日くらい前から。

その日、アルヴィス本部が崩壊した。本当に突然の出来事だった。
あちこちで号外を配る新聞社の人間が見えないほどに人々は群がってその記事を欲していた。
けれど足元には読み捨てられた紙切れが大量に落ちて、踏み潰されては風に飛ばされている。
その一枚を拾って読んだ一騎はひどくぼんやりと、総士はまだ生きているのかなと思った。

そして操が、いなくなった。

部屋に戻った一騎は、テーブルの上に置かれていたペンダントを手に取る。
いつしか運んだペンダントだ、そして総士に助けられた。
そんなことを思い出しながら表面を指で触ると、スライド式になっていたのか中の黒い板が顔を出した。
目を凝らすとそこにはいくつかの数字が並んでいて、その後にはよく耳にする銀行の名前が彫られている。
その数分後、一騎は大金を手にした。二度と、こんな仕事などしなくていい程の。

涙が溢れた。
その瞬間から、一騎は、何もかもが全くわからなくなってしまった。

泣き疲れて眠って起きて、部屋中を探してはまた、操がいない現実に怖くなって声を殺して泣いた。
慣れることなんて出来ない、むしろ一度目より二度目の方がずっと苦しいと、嫌だと思った。
突然全てを失くしてしまうのは。

「こんなお金じゃ、全然足りないよ」

一騎は見上げた天井に向かってぽつりと呟いた。本当は操に大声で叫びたかった。
操と引き換えに、今日も明日も、たぶん死ぬまでずっと何不自由なく暮らしていける程の大金が転がり込んだ。
けれど、
「おかえり」
そう言って笑って頭を撫でてくれる人間は、どこにもいなくなってしまった。
あれからずっとこの部屋には自分一人しかいない。誰も帰ってこない。

「足りないよ」

お金なんかじゃないんだ、と一騎はまた操に言いたかった。
これを全部使ったって、また笑えるようになんてなれない。この苦しさを消すことすら出来ない。
一人は、怖い。
また涙が溢れてくる。

その時、鳴るはずがない玄関のベルが鳴った。

拍手[2回]

END OF THE WORLD8
爆発によって立ち上る煙で視界はほとんど遮られている崩れ掛けたビルの中を
総士は早足で周りを確認しながら歩く。
破壊された壁の隙間から覗く空はここ数日では見ないほど晴れていて、
どこか陰鬱とした屋内に少しだけ明るい光を差している。
不意に部下の声が聞こえて振り向くと、そこには地面にうずくまった女と
その女を庇うように手を広げる少年の姿が見えた。
あれが今回の実行犯だ、と数時間前に見せられた写真と一致する顔に総士にも緊張が走る。
発見次第、殺すことを命じられていたからでもあった。
すぐさま女のもとに駆け寄ると、すでに部下がもう女に銃口を向けている。
しかし、その前にいた少年が口を開いた。

「アルヴィスは怪我人を、助けもしないで殺すんですか?」

一騎だった。
なぜこんなところにいるのかと総士は唇を噛みしめる。
一騎はデータ上では一般人ということになっているから、
アルヴィスが彼を傷つけることはあってはならない。
けれど、この時間にこの場所に、一般人が入りうる可能性は限りなくゼロに近いことは
作戦前の情報でも解っていたことであり、それでもここにいるということは、
それは何かしらの関係を持っているのだろうと再度疑うには十分すぎることだった。
未だ女に向けられたままの銃口を一騎は突然掴んで自分の額に向けると、
「なぜ、俺は殺さないんですか?」と聞く。
しまった、と思った時には遅かった。
一騎の問いかけの返答に困った部下の隙をついて、女が素早く立ち去ってしまったのだ。
負傷していて、しかもかなりの出血量だからと相手を甘く見てしまっていた。
すぐさま後を追いかける部下の後ろ姿を見ながら総士はまだ地面に座ったままの一騎に言った。

「どういうつもりだ?」

「何が?」

「ここがどこかわかっているんだろう?」

「勿論」といって口元に笑みを浮かべた一騎を総士は睨みつける。
でも一騎はそんなことは全く気にも留めない様子で言葉を続けた。

「自爆テロが起こった不幸な町の片隅のビル、まだ昼間だからここには
一般人が絶対にいないという予測は外れた、俺は一般人でしょう?たまたま居合わせただけなんだけど」

「その自爆テロの実行犯をなぜ庇う?」

「怪我人は殺すものじゃなくて助けるものだって学校で教わったから」

「一騎」

「それとも、すぐに殺さなきゃいけない理由があったの?」

一瞬返答に詰まった総士の目を一騎はまっすぐ見つめて、追い打ちをかけるようにまた問いかける。

「自警組織を称するアルヴィスは、本当は何をしているの?」

「お前…」

「何?」と言って見上げる一騎に総士は顔をしかめると静かに尋ねた。

「僕達が追いかけている組織と何か、関係があるのか?」

「どうだろう」

「笑いごとじゃない!」

声を荒げた総士を一騎は見て堪えきれないように肩を震わせて笑い出す。
その様子がなんだか自分の知っている一騎とはまるで別人のようで、
総士は思わず足が竦みそうになるのを必死で堪えた。

「だって総士の必死な顔、すっごい久しぶりに見た」

そう言って一騎はまた笑い出す。

「僕を、からかっているのか?」

「違うよ、ただ」

急に笑うのを止めて一騎は総士の目をじっと見つめる。
そして、さっきまでとは違うまるで消えそうな声で小さく呟いた。

「あの時終わりにしようと思ったのに、もう一度だけ顔が見たくなっちゃったんだ」

ごめんね、と最後に言って一騎は右足を庇うように立ち上がるとくるりと総士に背中を向けて歩き出す。
かける言葉どころか相手に見えもしないのにどんな表情をしたらいいのかすらわからなくて、
総士は両手の拳をぎゅっと握りしめた。

拍手[1回]

END OF THE WORLD7
「一騎」

部屋に入るなり操は一騎に声を掛ける。
乱れたシーツにくるまっていた一騎はその声で眠りから覚めたのか、
何度か瞬きをしながら操の方を見つめると、「操、何で?」と掠れた声で呟いた。

「携帯、連絡取れなかったから」

「ごめん」

「起きなくていいよ」

そう言って操は一騎の横たわるベッドの側まで行くと、そのまま縁に腰掛けた。
シーツからはみ出て投げ出された四肢や無造作に広がる黒髪に、
操はついさっきまで行われていたであろう行為を思っては一騎を見て目を細める。
不意に合わさった視線に一騎は一瞬驚いたような表情を浮かべては、すぐにまた眉根を寄せた。

「ねぇ、操」

「何?」

「俺、ほんとに何もなくなっちゃった」

そう言った一騎の両目にはみるみるうちに涙が溜まり、今にもこぼれそうだと思う。
いつもならそれを拭うのは操の役目だったが、今日はあえてそれをしなかった。
代わりに、一騎に向かって静かに口を開く。

「でも、一騎がそれを望んだんでしょう?」

「それは…そうだけど」

口ごもった一騎を見て操は少し表情を緩めると、腕を伸ばして一騎の肩にかかったシーツに手をかけた。
びくりと肩をすくめた一騎に構わず少しだけシーツを下げる。

「総士は、どんな風に抱いたの?」

言いながら操は、むき出しになった一騎の肩に手を滑らせた。

「あんな顔してるけどさ、意外と変態だったりして」

わざと口元に笑みを浮かべて一騎を見れば、
彼は少し戸惑うような怯えたような複雑な表情を浮かべて操を見つめる

それを見た操は、もうちょっとだけなら困らせてもいいかな、なんて思ってしまう。

「いっぱい、泣かされた?」

「ちが…」

思いの外早く返ってきた言葉に今度は操の方が少し驚きながら、
でもすぐにいつものような穏やかな笑みを浮かべた。

「だよね、でも、本当はすごく泣きたかったでしょ?」

「こんな優しく、まるで恋人みたいに大事に抱かれたら」

そう言って操は一騎の肩から鎖骨の上へと撫でるように手を滑らせて、
そこにだけ唯一残されていたキスマークの上で止めると少しだけ爪を立てる。

「痛っ…」

「これが消える頃までには、忘れることだよ、一騎」

身体を屈めて一騎の上に覆い被さると、操はそのまま一騎の唇に自分の唇を重ねた。
不意の口付けで少し開いた口の隙間から舌を侵入させると、
そのまま優しく撫でるように一騎の舌を絡めとる。
空いた片手を一騎の髪に差し込んでゆっくりと梳きながら更に深く舌を絡めれば、
鼻に抜ける甘さを含んだ声が一騎から漏れ聞こえ始めた。

「辛いのは、今だけ。今日よりも明日、明日よりも明後日、そうやって時間が経てば、
だんだん痛くなんてなくなるから」

ゆっくりと唇を離して操が囁けば、一騎は名残惜しそうに潤んだ目を操に向ける。

「大丈夫、一騎は強いから」

「だから今は、いっぱい泣いていいよ」

操はまた優しく微笑んだ。
が、操を見つめる一騎は両目を見開く。

「なんで、操が…泣くの?」

微かに震えながら告げられた声に、今度は操が驚く番だった。
気付けば自分の頬に涙が伝っていて、「ごめん」と操は小さく呟いた。

「本当はね、一騎は、総士と一緒に行っちゃうんじゃないかって、
もう戻ってこないんじゃないかって…すごく不安だった」

「そんな…」

「でも、そうじゃなくてよかった」

そう言って操が微笑むと、一騎は投げ出したままだった腕を伸ばして操の頬に触れた。

「一騎?」

「俺には、操しかいないんだ」

まるで呟くように弱く言ったかと思うと、今度は一騎の両目から堪えきれなくなった涙が溢れ出す。
泣きながら一騎は操に微笑みかける。
その笑顔がとても儚く見えて、操は思わず一騎を強く抱きしめた。

「もうほんとに、操しかいないんだ」

操の耳元で一騎の微かな声が聞こえた。

拍手[1回]

END OF THE WORLD6
お互い無言のままもう何分、もしかすると一時間くらい経ったのかもしれない。
一騎は座ったまま、総士は窓辺に立ったまま、それは前に二人が会った時のようだったけれど、
その時とはまた違った重苦しい雰囲気が部屋中に立ち込めて息苦しい気さえする程だった。
一騎はシーツを握りしめた手を見つめてばかりいたが、不意に顔を上げると窓辺に立つ総士の
後ろ姿に向けて口を開こうとした。

「ごめん」

しかしそれは少し先に発された総士の言葉によって遮られた。
「何が」と小さく、なるべく素っ気ないように聞こえるように一騎は答えると総士を見上げる。
すると総士はやっと一騎の方を振り返っては少しだけ困ったように微笑んだ。

「仕事じゃ…ないんだ」

「別にどっちでもいいけど」

「一騎」

「安心…したいだけなんだろ?」

一騎は思い切ってその言葉を口にする。
曖昧すぎる言葉で表面だけ取り繕うような態度を取る総士に言い様のない苛立ちを覚えたからだ。
総士が自分に聞きたいことなどたぶんもう一騎は解っているつもりだった。
不意に、ここに来る前に取った操の行動が頭の中をよぎる。
総士が仕事ではなく非公式に、そう、例えば友達として自分にそれを聞きたかったとしても、
前提なんてどうでもよかった。
どうしてこうも辻褄が合ってしまうことばかり起こって、それをどうして自分が、どうして友達の
前でまるで何かを確認でもされるように答えなければならないのだろうと、半ば逃げ出したいよう
な気持ちさえ一騎は抱いていた。

「でも、それは俺には無理だから」

しばらく間をおいてそれだけ口にする。
案の定、総士は少しだけ、でも驚いた声を出した。

「総士の思ってる通りだから」

「一騎、それは」

「俺には、それしか言えない」

一騎は総士の目を見つめて言った。
事実だけを言えば、総士が知りたいのはそれだから、そしてなんとなく嘘は吐きたくなかった気が
したからだった。

「そうか…わかった」

総士が小さく呟いて目を細める。
逸らされることのない目線に頭の中が混乱しそうになって一騎は思わず下を向いた。
何も話したくないのに、何か声を掛けて欲しいなんて矛盾した気持ちがぐるぐると身体中を渦巻く。
本当にどうしたらいいのかわからないと思った。

「馬鹿みたい」

「え?」

「俺、すっごい久しぶりだったけど、だから、総士に会えたのうれしくて、昔のこととか思い出し
たりしてさ、うれしかったのに」

一騎は総士をまた見上げた、総士は相変わらず一騎の方を見つめたままだった。

「何で今は、こんな話しか出来なくなっちゃったんだろうね」

「そう…だね」

「否定しないんだ」

「ごめん」

そう言って総士は初めて目を伏せた。
たったそれだけの仕草だったのに、なぜか一騎はそれ以上に物語る何かを感じられた気がしてし
まって、これ以上ないくらいに唇を噛み締める。

「じゃあさ」

一騎が口を開くと総士はこちらをまた見つめたので、一騎は口元を釣り上げて笑う。

「今すぐ俺を抱いてよ、総士」

「かず…き?」

一騎はベッドサイドに置いてあった封筒をこれ見よがしに取り上げると目の前でひらひらと振って
みる。

「この金額分、俺に仕事させてよ」

「僕は、そんなつもりはない」

「そうやって、友達面するの、もうやめよう?」

そう言って一騎は総士をまっすぐ見つめる。
「どうして、そんな」と声に出さずに総士の口が動いたのが見えて、一騎は少し表情を歪めた。

「昔みたいに総士に期待しちゃう俺を、めちゃくちゃにしてよ」

一騎は総士に向かって右手を差し出した。
それはいつも客を取る時に一騎がしているポーズであり、その手を取られれば合意の下に行為が
行われることを意味するものだ。
案の定、差し出された手を見た総士は驚いた表情で一騎を見つめ返す。
でもその気持ちを汲んでやるつもりなど、一騎にはなかった。

「もう、顔も見たくなくなるくらいにさ」

そう言ってまた笑った、たぶん、総士が嫌いな方の笑顔で。

「…それも、お前の仕事なのか?」

「そう思う?」

「いや」

「じゃあ、それでいいよ」

それだけ言って一騎は差し出した手を早く取れとでも言いたげに上下に動かす。
総士はしばらくそれを黙って見つめていたが、突然、諦めたようにひとつ息を大きく吐くと、
「わかった」と小さく呟いてその手を取った。

「遠慮なんて、しなくていいから」

わざと無愛想に一騎は言い放った。
自分に触れる総士の手がもしもまだ優しさなんてものを残していたら、とてもこの時間を耐え
きることなんて出来ないと思ったからだ。

拍手[2回]

| top | next |
| 1 | 2 |
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
テトラ
性別:
非公開
自己紹介:
ついった@tetrabbit
pixivテトラ
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny