忍者ブログ
蒼穹のファフナー文章(ときどき絵)サイト
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一騎BD記念
「一騎、敵は一体、12時の方向だ、接触は今から15秒後」

脳内に直接響きわたるような総士の声に一騎は小さく頷くと、視線を上空へと向ける。
青いというよりホワイトアウトしそうな太陽の光は、偽装鏡面が一時的に解除される戦闘時特有のものだ。
もう両手がいくらあったって足りないくらい経験してきたというのに、未だに眩しさには慣れないなと一騎は思う。
思わず細めた両目に高速で接近する金色の物体を見つけて、一騎はそれに視線をしっかり定めると、
直後には向けた銃口から眩いほどの光が放たれた軌跡だけが空中に弧を描いたが、一騎は小さく舌打ちをすると、
すぐさま機体を急降下させる。
肺が押し潰されそうな程のGがコックピット内の一騎の身体にかかり、まるで空気そのものが固まってしまったか
のような感覚に、思わず歯を食いしばる。
そして海面へ銃口を向けると、力の限りライフルを連射させた。
あたり一面白く波が立ち始めた海面へ向けて一騎は機体を降下させ続けると、途中でライフルを投げ捨てる。
自身が作った煙幕を抜けると突然、目の前に広がる金色に一騎はにやりと口元を釣り上げた。

「壊してやる」

小さく呟くとそのまま展開された防壁に機体を体当たりさせる。
一騎の表情が歪む、「被同化状態」の感覚が全身に広がる、敵の同化可能領域に入ったのだと全身が伝える。
間髪いれずに一騎は右手に掴んだマインを敵の身体を切り裂くように深くまで埋めると、そこに出来た隙間に
もう片方の手に掴んだマインを滑り込ませる。
溶けた金属に両手を突き入れたような感覚に包まれたかと思うと、エルフの両腕もろとも巻き込んで大爆発が
起こった。
目の前に広がる金色の中から現れる美しい輝きに思わず見とれる。
キラキラと太陽の光に反射して海へと落ちて行くそれは、何度見ても息を飲んでしまう程だった。
そして視界がやっと空の青色を映し出した途端、予想していたような激痛はなく、替わりに総士の声がコック
ピット内に響く。

「なるべく早く格納庫に戻ってこい、そうだな、あと5分待つ」

「は?」

「5分だ、それ以上僕を待たせるな、ああ、そう、自動操縦なんかにするとあと6分はかかるからな」

「1分しか変わらないじゃないか!」

「1分もだぞ!」

「は?てか、何で5分?」

「もう30秒も経過したぞ、あと4分半だ」

「え?何でそんな急ぐ必要が」

「あるから言ってるんだろ!」

「意味わかんないし」

「一騎、これは命令だ、わかったな!」

「は?」

「返事!」

「は?…い??」

「わかったならいい、早く来い」

それだけ言って総士はぷつりと消える。
未だ一騎の頭の中にははてなマークがそれは沢山飛んでいたのだが、とりあえず総士が切羽詰まってたっぽい
ので、そしてなんだかそれに背くのも後で物凄い恐ろしいような気がするので、一騎は一度切り替えた自動操縦
を手動にすると、先ほどの海面への急降下よりも数倍は早いスピードで格納庫へと向かった。

そして、予想外に3分で着いてしまった。

「何なんだろ」

一騎はぶつぶつと呟きながら、コックピットブロックが搬出されるのを待つ。
まさかこれも含めてあれから4分半だったとしたら微妙に間に合わなそうだと思ったが、一応格納庫にファフナー
は着いたのでそれでよしとしよう、とかなんとかまたぶつぶつと言っている間に上下の感覚がぐるんと回って、
コックピット内に光が差し込んでくる。
急に明るくなった視界に一騎は眩しくて何度か瞬きをしていると、目の前に手が差し出されているのが解った。
いつものことなのでそのまま自分の手を重ねると、途端にぐいっと引っ張られて一騎はコックピットの外に出た。

「あ」

と思ったらぎゅっと抱きしめられていた。たぶん、総士だ。それはすぐに解る。
耳たぶの辺りに総士の口元があるのも解って、くすぐったいよ、と身体を捩じろうとしたら小声で総士は囁いた。

「誕生日、おめでとう」

「あ!」

一騎は突然大きな声を上げて、がばっと総士の腕から逃れてしまう。
総士はびっくりしたような顔をして一騎をしばし見つめていたが、すぐにくすり、と笑みを溢した。

「本当は、もっと早く言うつもりだったんだが」

「あ…」

「夜中に電話すれば寝てると言うし、朝会ってもお前ロクに挨拶もせずどこかに走り去ったし」

「あー…」

「どうせ忘れてたんだろ?」

「…うん」

「ん?ということは、お前、今日誰にも、何も言われてないのか?」

「そうだったかも、っていうかだって朝来たらすぐフェストゥム来たって総士言ったじゃん」

「まぁ、そうだな」

「そうだよ!…って、だからその、うん、でも、さ」

「何だ?」

「総士で、良かったな、初めて、おめでとうって言ってくれるのが」

ありがと、と呟いて一騎は総士を見上げた。

拍手[3回]

PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9 |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
テトラ
性別:
非公開
自己紹介:
ついった@tetrabbit
pixivテトラ
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny