忍者ブログ
蒼穹のファフナー文章(ときどき絵)サイト
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

らぶらぼ4
「総士、休憩しよ?」

一騎はにっこり微笑むと、両手に持っていたアイスキャンディーの一つを差し出した。



















「お前なぁ、さっきから何回休憩してると思ってるんだ?」

総士はあからさまにイラっとした目をこちらへ向けている。
これは怒ってるよねぇ、と一騎は内心ものすごくびびりながらも、んーと、1時間前?
などと必死にとぼけてみせた。

「確かに1時間前だ、けどな、お前それから何分ここにいたと思ってる?
出てったのたった10分前だぞ?で、10分経ったらまた休憩って、
大体、そんなものアルヴィスには売ってないだろう?お前サボって買ったのか?」

まずい、完璧に怒ってるよ、まずい。
総士からは明らかに目に見えるように怒ってますオーラが漂っている、
というかなんだか攻撃されているような気分だ。
でもそれは誤解だ、と勇気を振り絞る。

「違うってば!!これ、整備のおじさんに貰ったの」

一騎は首をぶんぶん振って否定した。
総士はチラとこちらを見やると盛大に溜息を吐く。

「あのなぁ、知らない人から物貰っちゃいけないって何度言ったら・・・」

ぶつぶつと総士が小言をたれる。
ここまで完璧に否定され続けるとなんだか涙もろくなってしまうのが一騎の弱点といえば弱点で、
今回も例にもれずその両目には涙がたんまりと溜まり始めていた。

「ちょ、おい・・・泣くなって」

今日暑いだろ、これ食べなさい。

ぼけっと格納庫を歩いてたらいきなり目の前にアイスキャンディーが2つ。

あ、ありがとうございます!

確かにクーラーの利いてない格納庫はうだるような暑さで、
そのささやかな贈り物はだるくて仕方なかった一騎にとってはありがたかった。
でも、なぜ2つ・・・
両手に持ったアイスキャンディーをしばし見つめた一騎はハッと気付いてお辞儀をすると、
エレベーター目指して一目散に駆けだした。

転ぶなよ。

と背後で苦笑する声があちこちから聞こえたが気にも留めなかった。
ま、実際コケもしなかった。たぶん愛の力だ(?)

それはさておき、ファフナーで戦うだけの自分と違って、
朝からぶっ続けで仕事をしている総士はきっと疲れているに違いない、
だからもう一つは総士にあげよう、絶対、喜んでくれる筈だ。
そう思って総士の部屋のドアを幸せいっぱいに開けた一騎だったが、現実はそうも甘くはなかったようだ。

と、痛感した。

「・・・そ、しは、たべもの、むだに・・・するのかよっ」

涙をぼろぼろこぼしながら言う一騎に気圧されて総士はその手からアイスキャンディーを取ると、
未だドアの前で泣きじゃくる一騎をばこっと部屋の中に入れた。

「僕が、悪かったから・・・とにかく座れ、一騎。休憩しよう」

そう言うと総士はベッドに座る一騎の横に座った。

ペロ、ペロペロ・・・ペロ、ペロリ。

な、なんか気まずいし!
と一騎は無言のまま食べ始めてしまった自分に激しく後悔した。
なんで泣いちゃうんだよ、俺。
これじゃ総士を困らせたいだけみたいじゃんか。
違う、違うんだって、俺、総士のためを思って・・・

ありがと、一騎、お前、気が利くな。

そ、そんなことないって、当たり前だよ、こんなの///

・・・とかって甘い会話を(!)
くそぅ、何がいけなかったんだ俺。

って、ちょ・・・ちょっと待って!!
隣の総士ってば、

「も、もう食べ終わったの?」

聞けば、ああ、って返事をしながら総士がこっちを向いたかと思うと、
総士の綺麗な(←妄想)指がこっち伸びてきて、


ひょ・・・!?


く、くちびるですか!?


総士の親指が一騎の唇をすっとなぞった。
一騎は一瞬の事に元から弱い頭がさらに弱って固まる。
しかも、

「いっぱいついてるぞ?口の周り」

と言ってその親指をペロっと舐めた。


な、ななな、なめ・・・なめ!?


弱りまくった頭はついに思考停止し、一騎は訳がわからなくなって残りのアイスを一気に口に入れてしまった。

途端に、眉間から脳天に突き上がる嫌って程冷たい感覚。

きーーーーーーーーー・・・ん

う、と一言発したきり、一騎は頭を押さえてうずくまってしまう。
いたい、つめたい、いや、いたい。

いたいよ、総士。

なんて言えないけど言いたい程痛くて一騎はうずくまったままぼろぼろと涙をこぼした。
次の瞬間、

「ほんとバカだな、お前」

という声が聞こえたかと思うと、頭を押さえていた腕ごとふわっと何かに包まれる感触。

あったかい。

なんてぽけっと思っていたら目の前には白と紫のコントラストで・・・

・・・?
・・・制服?

てことは、

そ、総士に抱きしめられちゃってるわけ?俺

わーーーっ!わーーーーっ!わああああああっ!!(心の中)

一騎はいてもたってもいられなくなってもぞもぞと総士の腕の中で動いた。
しかし総士は、

「ちょっと大人しくしてろって、すぐ治るから」

頭、痛いんだろ?一気に食べ過ぎなんだよお前、と言ってぎゅうぎゅうと抱きしめてくる。
別の意味で大人しくなんてしてられなかった一騎だったが、
これ以上総士の機嫌を損ねるのはとんでもなかったのでちょっと大人しく腕に収まってみた。

・・・どど、どきどきすんなよ俺。

必死に鼓動を落ち着けようとしても無理っぽい。
一騎はハチキレそうな鼓動と思いを抱えたままぎゅ、と目を瞑って待った。

ぽふぽふ。

「そろそろ、大丈夫か?」

総士が一騎の髪を優しく撫でる。
一騎は瞑っていた目を開けると、がばっと飛び起きた。

「ご、ごめんっ・・・!!」

一騎がなかなか顔を上げられずにいると、頭上でフと笑った声がする。
そろそろっと目だけ上を向かせると、総士が一騎を見てふわっと笑っていた。

「実は、ちょっと疲れが溜まってたんだ」

総士は苦笑すると続けた。
からん、とアイスの棒が捨てられたゴミ箱が音を立てる。

「だから、甘いもの食べて、ちょっと元気が出た」

今度こそ一騎が顔を上げると、総士は一騎を見てふっと笑う。

「ありがとな、一騎」

と言った時の笑顔がそれはもう一騎には眩しすぎてなんだか冷たさの余韻もあってか頭がくらくらしてくる。

「そんなこと、ないってば・・・///」

俺こそ、邪魔してごめん、と小さく呟いた。
すると、総士は言った。

「こういうのなら、大歓迎、かな?」

その笑顔がさっきよりもキラキラ眩しくて本当に頭がくらくらした一騎は、
じゃあ俺っ、もう行くから、と言い残して部屋を出た。

が、どうも刺激が強すぎたらしくその場にへたり込んでしまった。

「一騎くん、どうしたの・・・そのカッコ?」

偶然通りかかった真矢が一騎に声をかけた。

暑いからといって前を肌蹴させたままの上着、取れかかったスカーフにぼさぼさの髪の毛・・・

・・・あ(汗)

「こ、これはっ!そのっ、暑かった、からっ」

一騎はなんか変な方向に誤解されてそうな真矢に必死に説明した。

が、

「格納庫じゃあるまいし、アルヴィス内はクーラーきいてるよ一騎くん」

妙にニヤニヤした真矢はその場にしゃがむと一騎の耳にそっと囁いた。

「怖くなって逃げだしちゃった?」

と一騎の胸をつんと人差し指で突く。
違う、違うって、とぶんぶん首を振る一騎に、

「皆城くんの部屋の前でそんなカッコしちゃってさ(笑)」

と、トドメの一撃をお見舞いしてから立ち去った。

「バカ真矢」

一騎は真矢の消えた方向を見つめて呟いた。



拍手[2回]

PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 24 | 23 | 22 | 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
テトラ
性別:
非公開
自己紹介:
ついった@tetrabbit
pixivテトラ
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny