忍者ブログ
蒼穹のファフナー文章(ときどき絵)サイト
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

らぶらぼ2
「あ・・・え?」

一騎は何回も瞬きをすると、目の前に迫っている光景に固まった。


















な、何でこんなことになってるんだ!?

一騎はいまだぼうっとする頭をフル回転させて考える。
確か、さっきまで戦闘で、ファフナー降りて、メディカルチェックを受けようと・・・

してたはずだけど。
何で平衡感覚がおかしくなったんだ?

「一騎、だいじょうぶか?」

何で、総士に抱きかかえられちゃってるわけ?俺

「あっ・・・れ?俺」

全く思考がついていかず、この上なく舌足らずな喋りをぶちかましてしまう。
総士はそれはそれは心配そうな顔をして一騎を覗き込んだ。

「いま、メディカルルームに運んでやるから」

俺は今までどこにいたんだ?
一騎が?マークを目一杯飛ばしていると、総士は悲痛な面持ちで答える。

「お前、そこの廊下で倒れてたんだ、覚えて・・・ないか?」

たお・・・たおれた!?俺が?この健康優良児の俺が?
一騎は更に?マークを飛ばしまくる。
それを何か勘違いした総士は眉根を寄せたまま続ける。

「ごめん」

一騎はこれ以上ないくらい目を見開いた。

「気付いてやれなかった・・・こんなに、苦しかったのに」

総士の両目にみるみるうちに涙が溜まる。

「あの・・・そ、し?」

一騎は目をぱちくりさせながら恐る恐る尋ねる。
総士は一騎を抱えたまま俯いた。
色素の薄い綺麗な長い髪が一騎の顔と肩にさらさらと触れる。

あ、ちょ、これやば・・・なんか。

一騎は一気に顔がかーっと熱くなっていくのが判った。

「一騎、顔、赤い。熱でもあるのか?」

と、これまた勘違った総士はうるうるした目で一騎を見つめてくる。
え、ちょ、総士?なんか顔が近付いてきてるような・・・

「・・・っあ(///)」

おでこが!!!
おでこが触れ合ってるんですけどっ!!!
き、ききき

(キスする時ってこんな近いんだよな)

とか変な事思ってる場合じゃなくって、俺。

「一騎、つらいか?」

はい、何かたぶんすごく別の意味で。

単純に心配してくれている総士の思いなどそっちのけで一騎は自分の欲望に素直だった。

「んぁっ・・・ぅ」

ら、妙な声を出してしまった。
ずっと口を半開きにしていたせいで唾液が足りなかったらしく全く言いたい単語の発音になっていなかった。
「違う」って、言いたかったんだけどな。
一応、その、総士が心配してるような意味では。

総士はそれはもう辛そうに一騎の顔を見ると、一騎の思いなどそっちのけで言った。

「早く、良くしてやるからな?」





うああああああっ(叫べないけど)


一騎は一向に伝える事なんて出来ない気持ちと抑えきれない元気な欲望に耐えきれず、思わず涙を流してしまった。
運悪く総士と目が合ってしまい、いたたまれなくなってぎゅ、と目を瞑る。
それを「涙を流すほど苦しくて意識を手放してしまった」と、
ある意味正しく受け止めた総士は足早にメディカルルームを目指した。

心地良い振動に揺さぶられながら一騎は思った。

そういえば、どうして俺って倒れたんだろう?

拍手[2回]

PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 22 | 21 | 20 | 19 | 18 | 17 | 16 | 15 | 14 | 13 | 12 |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
テトラ
性別:
非公開
自己紹介:
ついった@tetrabbit
pixivテトラ
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny