忍者ブログ
蒼穹のファフナー文章(ときどき絵)サイト
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

星に願いを3
「一騎くんはさ、本当は誰よりも優しいのに、みんなの分まで頑張っちゃうから、疲れちゃったんだよね」

真矢は未だ眠ったままの一騎の手をそっと握り締めた。


あれから一週間、身体データに異常はみられないにもかかわらず、一騎は昏睡状態に陥ったままだった。
コックピットから引きずり出された一騎の生気のない顔と、そこに駆けつけた総士の緊迫した表情と。
それを見た真矢は、不安という一言では表しきれない何か得体の知れない感情に襲われた。
目の前で酸素マスクを付けられ、担架に横たえられる一騎。
それに付き添いながらメディカルルームへと走っていく総士。
いつもなら皆それぞれ自分の機体のチェックやデータ移送などで騒がしい格納庫の中がしんと静まり返っていた。
皆立ち尽くしたままその場から動くことが出来なかった。

「なんかさ」

並んで立っていた咲良が口を開く。

「柄にもなくあたしは怖いよ。戦闘としては完全に勝ってた一騎がどうして、ってさ。
普段取り乱すことなんてない一騎があんなに絶叫して、気を失った。
あんな風にぷつりとクロッシングが途絶えるのは、なんか色々思い出したくないことまで思い出すから、怖いよ」

「そう…だね、皆城くんも、すごい顔してた」

「でも今は心配したって何も進まないことくらいわかってる。とりあえず機体のチェックをって、わかってるけど、
そうもうまく割り切って考えることもなかなか出来ないよ。だって仲間があんな状態でさ」

「…うん、でも。データ移送しとかないとあとで皆城くんにおこられそうだし」

目の前の現実を考えたくなくて、真矢は話を逸らしたかった。
そう言って笑ったつもりで、でもうまく笑えてるのかなんて全然わからなかった。
真矢は咲良の横から離れるとジーベンに向かって歩き出す。瞬間、ザインが視界に入る。
傷ひとつなく佇む白い機体がなんだかとても不気味に思えて、真矢はすぐに視線を逸らした。



「でもさ、皆城くんはすごい寂しいと思うよ。だからもうそろそろ起きよう?一騎くん
待ってるよ、みんなも。私も」

一騎の手をそっと両手で包む。当たり前のことだけれど、それが温かいことにほっとする。
けれどいつまでたっても動く気配を見せない指に、真矢は突如として大きな不安に襲われる。
まるで一騎に触れている自分の両手から冷たい何かが流れ込んでくるような感覚に全身が凍りつきそうになる。

最近ずっと、感じ続けていること。
何かが狂い始めている、ゆっくりと、音も立てずに。


「はやく起きてよ、一騎くん」


祈るように真矢は呟いた。




一騎という最大の戦力を欠いたとしても、戦闘はいつもと変わらず続いてゆく。
たとえマークザインがいなくとも、今いる皆で戦わなければ島の平和は守れない。
今日も総士が考え出した戦略の通りに、パイロットは皆それぞれのフォーメーションにつく。

「来た」

誰もが瞬時にそう感じる。
視認するよりずっと先に、目の前のモニターは敵の存在を知らせる。
途端、頭の中には敵を撃破するためのプログラムが展開される。
ひとつひとつ、まるで手順をなぞらえればいいだけのような気すらするような。
数々の戦闘データから最も適当なプログラムであるとしてパターン化された戦術に思考が侵食される。
そして皆こう思うのだ。
敵が島に接近する前に、粉々に、全てを砕かなければならない。
そうしなければ、今日から明日へ、その先へと続いていくはずの平和を守ることが出来ない。
知らずと両手に力が入る。いつものようにやればいい。
敵機は眼前で破壊され、島の平和はまた守られる。
敵のパイロットのことなど、気にする必要はない。それは痛いほどわかっている。

12.11.10....

刻一刻とその時間が近づく。
けれど皆その手を動かすことが出来なかった。

たった一人を除いては。


「殺して、やるよ」

「ちょっ…暉!?」

瞬間、ゼロファフナーの広げた両の手のひらから凄まじい威力の振動共鳴波が放たれる。
カウント2秒を残したまま放たれた大量の眩い光線は視認すら危うい遥か遠くで爆炎をいくつも上げる。
そしてほぼ同時に、モニターから全ての敵認識表示が消え去った。
パラパラと遠くで破壊された敵機の残骸が海へと落下していくのが見える。
どこか他人事のようにも思えるその光景を呆然と見ていた里奈は、おそるおそる後ろを振り返った。

「暉…なんで?」

「何が?」

「動力部だけ破壊すれば戦闘は回避出来たのに…なんであんな」

「でもパイロットを生かして帰したら、また新しいファフナーに乗るじゃないか」

「だからって殺してもいいなんてわけじゃ」

「なかったとして、島の平和はそれで守れるの?敵を殺さなくても平和なら、
わざわざこんなものに乗らなくったっていいんじゃない?」

「ねぇ…違う?」

暉の問いかけに、里奈は答えることが出来なかった。
竜宮島の平和が守られた瞬間、あたりは不気味なほどの静けさで埋め尽くされた。


拍手[2回]

PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 69 | 68 | 67 | 66 | 65 | 64 | 63 | 62 | 61 | 60 | 59 |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
テトラ
性別:
非公開
自己紹介:
ついった@tetrabbit
pixivテトラ
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny