忍者ブログ
蒼穹のファフナー文章(ときどき絵)サイト
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

星に願いを5
「仕方ないって理由で、人間が殺せるの?」

真矢は振り返ると真っ直ぐ正面を見つめた。
数歩先には、同じくこちらを向いたカノンが立っている。ゆっくりと視線がぶつかる。

深く澄んだ紫色の瞳。
何度となく見つめたはずのその色が、今日は生まれて初めて見る色のように怖い。
真矢はぎゅっと固く手のひらを握り締めた。

「皆城くんの戦略では、敵機の動力部の破壊だけが唯一の迎撃行動として認められてた」

「なのに、なんで?」

海風が、山肌を駆け上がって頂上に吹きつける。
カノンの髪が顔を隠すように横に靡く、木々の葉がざわざわと音を立てる。
こちらを真っ直ぐ見据えていた紫の瞳が見えなくなったことに、少しだけ緊張が途絶えてしまいそうになる。
真矢とカノンの視線を遮った赤い髪は太陽に反射して、キラキラとなんだかとてもこの場には不釣合いなほど輝いて綺麗だった。

「なんでコックピットだけ狙えなんて通信を」

「でもそれは全機には届かなかった」

「当たり前じゃない」

「戦闘時の機動的な命令指揮の権限を許可されているのは私だ」

「私が、通信を遮断したのは」

「もちろん、命令違反だ」

また、風が吹いた。
でも今度は、カノンの赤い髪は彼女の鋭い視線を隠してはくれなかった。
来る、と思った。逸らしてはいけない、絶対に。

「殺されるのを、じっと待つのか?」

ほら、と身体の中で冷静なもう一人の自分の声がする。
予想なんてもうずっと、何日も前からしていたのだから今更驚く必要なんてないのだと。

「仕方なく、皆が殺されても?」

「仕方なく、島がなくなってもそれでいいと、そう思うのか?」

それだけ言うと、カノンはくるりと向きを変えて歩き出した。勿論、振り返ることなど微塵もない。

風は吹かない。
それが一秒ごとに離れていくカノンとの距離感をやけに生々しく感じさせる。
予想の次の、そこからどうしても答えを導き出すことができなかった自分を見透かされてるような気がした。
いや、答えを出せない自分を残して立ち去る、もしかするとそこまで彼女は予想していたのかもしれない。
そしてそれは当たった。残念なことに。
だから今も、何も言えず自分はここに立ち尽くしたままだ。

「どうしたら、いいのかな」

真矢はぽつりと呟いて、カノンが去ったのとは違う方向を見た。
目の奥にこびり付くような、キラキラと赤い残像を消し去りたかった。




「あれ、遠見?」

見つめていたのとは別の方向から声がした。
びっくりして振り返ると、そこには一騎が立っていた。

「一騎くん?寝てなくていいの?」

「遠見まで寝てろって言うのかよ」

少し不貞腐れたように言った一騎は芝生の上に腰を下ろした。
聞けば、ここに来る途中会う人全てに「まだ寝てろ」と言われたらしい。
自分の身体のことくらい自分が一番わかるんだって、と一騎は口を尖らせる。
そんなことを言いながらも、無理に無理を重ねて突っ走っては周囲を心配させ続けているということをわかっていないのは紛れもない一騎自身だというのに。
でも今日は本当に調子が良いらしい。真矢はほっとして一騎の隣に腰を下ろした。
見上げた青空がとても眩しい。

「なんかこうしてるとさ、ずーっと昔に戻ったみたいだよね」

眩しくて涙が出そうだ、真矢はぎゅっと瞼を閉じる。
薄く目を開けてちらりと横を見ると、なぜか一騎は俯いていた。そのまま何も言わない。
瞬間、何かを言おうとしたかのように唇が言葉を形作ってはまた閉ざされる。
真矢は思わず目を逸らした。
なんだか見てはいけないような、そんな気がしたからだ。

「戻りたいよね、あの頃に」

ぽつりと呟いた。
涙が一筋、頬を伝って零れ落ちる。
きっと眩しいからだ、そういうことにした。
それ以外のことを考えたくなかった。

拍手[3回]

PR
COMMENT
Name:
Title:
URL:
Message:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Pass:

TRACKBACK
この記事にトラックバックする
| prev | top | next |
| 74 | 73 | 72 | 71 | 70 | 69 | 68 | 67 | 66 | 65 | 64 |
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
テトラ
性別:
非公開
自己紹介:
ついった@tetrabbit
pixivテトラ
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny